勉強できることは幸せなこと



子どもたち伝えたかったことは、
勉強できることは
とっても恵まれているということでした。

------------------------------------
勉強ができることは、
とっても幸せなことだ。

みんなと同じ年れいでも
学校に行けず、
働かなければならない子もいる。

勉強をイヤイヤやるなんて、
なんてもったいないことだろう。
-------------------------------------

こんな文章を伝え、
教室にも働く子の写真を掲示しました。


子どもたちの声から察すると、
勉強に対してマイナスのイメージを
持つ子もいるようです。


そんな子たちに伝えたいことは、
この様な働いている子たちと
みんなのどちらが夢を実現させやすいか
ということです。


例え、医者に成りたかったとしても
毎日薪を運ぶ仕事をしている10才の子は、
医者になれない可能性が高いでしょう。



それに比べ、
みんなは医者に成りたいと思えば、
なれる可能性はとっても高いものです。



そんなに勉強が嫌なら
勉強したくてもできない環境の子と
変わってあげてほしい
ということも伝えました。



ありがちな話です、
シンプルなだけに、
子どもたちの心には響くものがあったはずです。



勉強を学校でできるだけで幸せ。
しかも塾まで行かせてもらっている。



このことを当たり前だと思わず、
世界から見たら、
本当にありがたいことだと
納得し、頑張ろうという気持ちを育てられたら・・・。



少しずつこのような情報を教え、
やる気を高めるきっかけにできたら良いな
と考えています。


即効性はないかもしれませんが、
自分の内側を鍛えるためには、
心の奥底に訴えていく必要があります。


パッと燃えつきるのではなく、
炭火のように消えない火を
灯してほしいと心から願いつつ
これからも指導を続けていきたいと思います。