勉強は苦行ではなく楽しんでやるもの

ついに全学年でTJブリッジが始動しました。
TJブリッジ


毎回、新年度は良い意味で緊張感が高まります。


子どもたちの未来を左右する仕事だと感じているからです。


まず、勉強を嫌いになってもらいたくない
という思いがあります。


しかし、同時に勉強が好きになるためには、
好きなことばかりやっているわけにもいかない
という矛盾があります。


難しいこともやる必要があるからです。
しかもその難しいことを
嫌いと思っている子が多くいるものです。


難しいということを苦しいと捉える考え方が根本にあると
勉強が苦しいものとなります。


しかし、本来、わからないことがあることは
知的好奇心を刺激する楽しいことだったはずです。


テレビのクイズ番組でわからない問題があって、
苦しむ人はいなく、むしろ楽しいはずです。


しかし、いつからか勉強では
わからないことが苦しいことにつながってしまっています。


その原因は様々で1つにはしぼれませんが、
勉強が強制的なイメージがあることも影響しているものです。


漢字をひたすら何回も書かされる。
手を挙げて発言して間違っていたら怒られたり笑われたりする。

たったこれだけでも勉強を嫌いになる要因となります。


勉強は知らないことを知る楽しいことだ。
間違ったって別に良いじゃないか。      
そこから新しいことを学べばよいだけなんだから。


勉強を通して自分と向き合って、
自分自身を高めていければ、勉強を忘れても
無くすことのできない力を手に入れることができている。


バンコクの学習塾TJブリッジでは
授業を通してこのようなことを
伝えていけたらと思っています。