大人は子の変わりに戦えない。弱い心と戦えるのは自分だけ!

自分の弱い心と戦う


「自分の心とたたかえるのは自分だけ」



勉強を頑張ろうとする自分。
さぼろうとする自分。



ねばろうとする自分。
あきらめそうになる自分。




先生は頑張る心を応援するために
声をかけ続けることができます。



親も子どもたちの頑張る心を励ますために
声をかけることができます。



しかし、親も教師も
子どもたちのかわりに戦うことはできません。



最後の最後に自分の中の弱い心と戦えるのは
その弱い心をもった自分自身でしかいないのです。


スポンサー



でも、この戦いはなかなか苦しいもので
負けることも多くあることでしょう。



完璧を目指して心を折らす必要はありません。



イチロー選手だって3割バッターということは
10打席で7打席は塁に出られないことになります。



子どもたちも負けてしまうことがあるでしょう。
でも、10勝9敗でも良いんだと思います。
トータルで弱い心に1勝だけでも
勝ち越していればいいんです。



そのたった1勝の勝ち越しを目指して
頑張れる人になってほしい。



正直な心をもち、
間違いを素直に受け入れ、
わからないことから逃げず。




ただ言われたままに生きるのではなく
このように自分の心を戦いながら成長した子は
本当の心の強さを手に入れることができます。



これからも
子どもたちを応援していきたいと思います。