人間とサルの違い前頭葉を鍛える!



人間とサルの違いの大きな部分は
脳の前頭葉の発達です。



自分の行動を抑制できる前頭葉。



人間が圧倒的に発達しています。



でも、最近、子どもたちの我慢する力が
弱くなっていると言われています。




では、この前頭葉は
どのようにして鍛えればよいか。


スポンサー


簡単に結論から言えば、
我慢すればいいんです。



たった姿勢を正すだけで
前頭葉は鍛えられます。



だらっとした方が楽だけど、
それを我慢して正しい姿勢を
キープするだけ。



猿は1分も正しい姿勢を
キープしていらないので
猿使いに紐で引っ張られる。



人間は自分でキープしながら
前頭葉をさらにパワーアップさせることが
できるのです。




このように姿勢だけではなく、
人間は細かい1つ1つのことから
前頭葉を常に鍛え続けることができる。



字を丁寧に書こうとキープすること。
文章を集中力を切らさず読もうとすること。



他にもたくさんあります。


 
そのような1つ1つを
疎かにしないことが
脳の発達には抜群に効果がある。



科学的根拠がどうのとかは
関係ありません。



大切なことは
子どもたちが正しく自分を
律する力を高めることができるか。



そのキーワードとして
前頭葉を使って話してみてください!