他人ではなく自分に勝ち自信をえる。

子どもたちに
他人に勝つのではなく、
自分に勝つという指針を
心にとめておいてほしいと思い、
伝えてみました。



他人との競争は世の中嫌でもついてきます。
でも、その競争に終わりはなく、
クラスで1番になったとしても
学年でも1番はいます。


学年で1番になっても、
日本には山ほど同世代がいます。



いつまで経っても人との比較では
終わりのない戦いがまっていて
自信をもつことが難しいものです。



そこで絶対的な指標となるのが
昨日の自分との戦いです。


昨日の自分を振り返って、
ここを直そうと思ったのならば
その自分には今日は勝つ。


それであれば、
他人との比較ではないので
より自分に自信を持ちやすくなります。


ただ、
そのためには自分をしっかりと
見つめる必要が出てきます。



さらに自分の理想をもっていないと
昨日の自分を越えたいという意欲も
沸いてこないものです。


自信というのは
自分を信じることで
なんら実体のないものです。



実体がないからこそ、
自分次第でつかむことができるものですし、
一度つかんだ自信は
将来、自分を大きく鼓舞してくれるものです。



他人との比較ではなく、
昨日の自分に勝つ。



そんなことを覚えておいてもらいたいと思います。